» 未分類のブログ記事

長浜盆梅展

| 未分類 |

滋賀県の奥琵琶湖にあたるのが秀吉が築いた長浜市になります。
ここでは、毎年寒い冬の時期に長浜盆梅展が開催されます。
盆梅とは、梅の盆栽のことになります。

 
300鉢の中から開花しているものを選択して、常に状態がいいものを展示してます。
そうして常時90鉢以上の、梅が展示され歴史があり規模も大きく日本一の展示と言われています。
また、これを開催している慶雲館ではお庭も素晴らしくこちらも見所の一つになってます。
アクセスは、琵琶湖の北にあたり自動車では北陸自動車道長浜ICより10分と便利な場所にあります。
たくさんの観光客が、訪れることから長浜の冬の風物詩になっています。

 

こちら以外にも、有名な黒壁の町もあり一緒に観光される人がとても多くいます。
そして、今年は大河ドラマに関係する黒田官兵衛の博覧会も開催されて滋賀では注目のスポットになってます。
冬の琵琶湖の湖岸を、自動車で走りながら湖北の風や雪を感じるのは気持がいいものです。
自然も多く残り、琵琶湖には野鳥もたくさんいます。

 
少し足を伸ばすだけで、周りの景色が大きく変わるのが琵琶湖のいいところです。
歴史に触れたり、美しい梅を見ることは心まで癒してくれるはずです。

 

 

 

 

 

湖南三山

| 未分類 |

湖南三山は、滋賀県の湖南市にあり、阿星山常楽寺、阿星山長寿寺、岩根山善水寺の3つの天台宗の寺院の総称です。
これらの寺院は、その全てが国宝として登録されており、その厳かな佇まいは、多くの仏閣ファンを魅了しています。
秋の季節には、この3寺院をめぐるイベントが開催されており、各地で地元の特産物の販売や、各種イベントが行われます。

また、この期間中には、寺院に安置されている重要文化財が公開されることもあり、多くの観光客がそれぞれの寺院を拝観しに訪れます。
常楽寺には、本尊千手観音像、長寿寺には、本尊地蔵菩薩像、善水寺には釈迦如来像と、それぞれの重要文化財が安置されており、その姿を拝める貴重な期間となっており、非常に多くの人が拝観に訪れる、人気のイベントとなっています。
また、それぞれを巡るコミュニティバスも運行されており、自家用車だけでなく、こういった公共機関が利用できるのも人気のサービスとなっています。

 
また、イベントが開催される秋には、各寺院の境内は美しい紅葉に彩られ、厳格な寺院の建築と相まって非常に荘厳な景色を表します。
この紅葉も人気が非常に高く、多くの観光客や、アマチュア写真家なども数多く訪れるなど、見所の一つとして有名なものとなっています。

 

 

 

 

 

滋賀県醒井養鱒場

| 未分類 |

暑い夏の季節は、水が恋しくなる時でもあります。
冷たい水に、触れ合うことで暑さを忘れることができるからです。

 

またこの時期は、子供達が夏休みでもあることから出かける機会も増えてきます。
そうした中で、滋賀県醒井養鱒場では一日楽しく遊べるプランがたくさんあります。

 

自動車で行く場合、名神高速や北陸自動車道のインターからもほど近く便利な場所に位置しています。
ここは日本でも古い歴史をもつマスの増養殖施設になります。

 

またマス類などの、研究機関でもあり体験学習もできるようになっています。
また遊びのコーナーでは、ルアー釣り場と簡単なエサ釣り場があり子供から初めての人まで釣りを楽しむことができます。
エサ釣り場では、一人100円で楽しむことができ釣った魚はその場でお料理もしてもらえ食べる事が出来ます。

 

夏の思い出に、魚と触れ合うこともいいものです。
そうして、この周辺には色々な見学施設もあります。

 

中でも子供達に人気があるのが、新幹線高速試験車車両展示場です。
ここには、最高速度の443キロを記録した車両を見ることが出来ます。

 

自動車で行くと、色々なところを周ることが簡単にできるので便利になります。
自然の中での、ゆっくりとした時間を楽しむことが出来ます。

 

 

 

 

 

旧竹林院

| 未分類 |

滋賀県大津市坂本には、53にのぼる延暦寺の里坊が残されています。里坊とは比叡山中の僧侶の住まいである山坊に対するものです。山中の寒暑が厳しいため、60歳を過ぎた老僧が比叡山の最高位である天台座主の許可を得て、麓の坂本に住む習慣ができました。里坊の敷地内には大きな木々が茂り、いずれもどっしりとした穴太衆積みの石垣に囲まれ、独特の景観を作り出しています。現在この一帯は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

旧竹林院はこれらの里坊の中でも最大の面積である3300㎡の回遊式庭園を持っています。八王子山を借景として取り込み、大宮川の水を引いて流れを作り、地形を利用して滝組と築山を配し、四季折々の風情を醸し出しています。庭園は平成10年12月に国の名勝に指定されました。庭園内には2棟の茶室と四阿が巧みに配置され、茶事ができるように工夫されています。

 

ume中でも入母屋造り茅葺きの茶室は「天の川席」と呼ばれる間取りで、二つの出入り口があり、主人の両脇に客が並ぶ珍しい様式です。茶室と四阿は大正年間に建てられたもので、平成5年大津市指定文化財に指定されています。
例年早春の1月下旬から3月上旬にかけて、湖国に春を告げる「坂本盆梅展」が此処の主屋を会場に開催されます。
現在、耐震改修工事実施に伴い、平成26年8月31日(予定)まで一時休園中です。

 

 

 

 

 

経路選びのコツ

| 未分類 |

滋賀県と言いますと、おわかりの方は想像がつくでしょうが、あまり馴染みのない方でしたらどの辺りにある県なのかが想像しにくいのかも知れません。

 

しかし琵琶湖と聞きますと、すぐにピンとくるものがあるのではないでしょうか。そうです。日本一大きい湖が琵琶湖であり、それが存在する県が滋賀県となります。もしみなさんが滋賀県を車で運転してみたいのであれば、ぜひ自信を持って、この琵琶湖周辺を走ってみられることをおすすめいたします。
琵琶湖は大きいということは有名ですが、その形が南北に対して長くある湖だということはご存じでしょうか。もしかしたらあまりこのことは知られていないのかも知れません。少しだけ形が斜めになっているものの、南北に非常に長い距離を持ちます。

 

単純に考えてみましても、南北に40kmは長くあるのです。ですから琵琶湖に沿って作られている道路はかなり長い距離になります。それが東側と西側に分かれているのですから、相当な距離となるでしょう。主に一日かけて一周しても良いくらいなのです。
琵琶湖の南部には、琵琶湖大橋が架けられています。非常に景色もよく、走行経路の一部に採用されても良いくらいにおすすめのスポットです。

 

 

 

 

 

湖北みずどりステーションは、琵琶湖北東部さざなみ街道沿いにある道の駅になります。

 

1年を通してさまざまな野鳥が訪れる水鳥公園内にあります。湖面に映える夕日は夕陽百選に選べれているほどきれいなので、デジタルカメラなど持参した方がよいです。冬なるとコハクチョウや天然記念物のオオヒシクイが飛来してきます。

 

湖北水鳥センターのフィールドスコープで観察することができます。特産品コーナーでは、長浜市内でとれた新鮮で安心な野菜や果物を販売しいています。冬には琵琶湖のシジミなど生きたまま販売しているので、シジミを買いたい方は冬に行くことをおすすめします。名物の子鮎の天ぷらは毎日実演販売していて、あつあつを食べることができます。湖魚の加工品なども多くあり、お土産に最適です。

 

和風レストランでは、郷土料理のうなぎのじゅんじゅんや鴨鍋などをいただくことができます。じゅんじゅんとはすき焼きに似た料理になります。ビワマスを夏期限定で食べることができて、お造りや押しずしなどを堪能することができます。ビワマスを堪能したい方は夏に訪れると良いです。周辺には湖北野鳥センターや琵琶湖水鳥湿地センターが徒歩1分のところにあり、いろいろ観光することができます。

 

 

 

 

 

びわ湖大橋米プラザ

| 未分類 |

滋賀県大津市今堅田3丁目1-1にあるびわ湖大橋米プラザは、国道477号線沿いにある道の駅になります。施設内にはコミュニティールームや県の特産物を販売している米プラザなどがあります。売店では湖魚のつくだ煮や近江米・県の特産物なとを多く取り扱っていて琵琶湖ならではの物を買うことができます。

 

特産品直売所では、地元の生産者が作った農産物の販売をしています。レストランは近江米を使った豊富なメニューがあり、近江牛や近江地鶏など堪能できて、琵琶湖大橋を眺めながら食事ができます。休憩所はゆったりとしたレストスペースで、ゆっくり休憩することができてバルコニーに出れば琵琶湖大橋を眺めることができます。コミュニティールームは琵琶湖大橋が目の前にあり、絶景を眺めることができます。会議。・研修・サークルなどで利用することができます。

道の駅彫刻プラザではさまざまな芸術家の彫刻が展示してあります。駐車場は大型車19台・普通車149台・障害者用4台分あります。インフォメーションではタッチパネルの情報端末があり湖西方面の観光レジャー案内やルート案内をしています。道の駅の近くには浮御堂や御琴温泉などの観光名所があります。

 

 

 

 

 

しんあさひ風車村

| 未分類 |

しんあさひ風車村は、滋賀県高島市新旭町にある道の駅です。
この道の駅でもある風車村は、滋賀県の西側部分に位置する高島市にあります。
ここは琵琶湖の湖西側でもあり、道の駅からは琵琶湖の風景を望む事が出来るのが特徴です。
また、この道の駅に隣接している、新旭花しょうぶ園では毎年6月上旬から下旬頃にかけて、菖蒲の花を楽しめる時期が訪れるのです。
尚、この新旭花しょうぶ園の敷地面積は3.8haの広大な敷地の中に作られており、20万株100万本と言われる量の菖蒲があります。

 

風車村とも呼ばれている道の駅は、日本とは異なるイメージを持つのが特徴と言えます。
これは、オランダの田園風景をイメージして作られていることからも、のどかな雰囲気と異国情緒を思わせると言う特徴もあります。

 

風車村にある風車は、高さが18mあります。
また、大きな風車を中心に、風車が2基設置されている事や、ピンク色の外壁でもあるアイリスハウスなどは、オランダを思わせる特徴がある建物になります。

 

また、花しょうぶ園の隣には、ルピナス園と呼ばれる場所があり、ここでは関西方面では見る事が出来ないほどの規模のルピナスの花が彩りを見せてくれます。
尚、このルピナスは5月11日頃から6月6日頃の期間営業となります。

 

 

 

 

 

こんぜの里りっとう

| 未分類 |

金勝寺や狛坂摩崖仏などの大人旅をした後に是非寄ってほしいところがこんぜの里りっとうです。県道12号線沿いにある道の駅になります。県民の森に隣接している施設になり、足湯などもあります。金勝山などでハイキングされた方などの疲れた足を癒してくれます。利用される方は、タオルを持参した方が良いです。売店ではその日にとれた地元の野菜を安い価格で提供しています。名産のイチジクや手作りの梅干し・金勝みそ・栗東あられなどがあります。

 

こんぜの自然の中でとれた不純物が少ない蜂蜜や、滋賀県の環境こだわり農産物に認定されているイチジクジャムなどもありお土産に人気商品です。レストランではしし肉をいただくことができます。

 

名物しし丼が人気メニューなります。行楽シーズンにはシャトルバスも出ていて便利です。宿泊施設もあり、森遊館では三上山や湖南平野・が一望することができます。グランドゴルフができるところがあり、少し体を動かしたい方におすすめです。30分から1時間ほどで回れて、服装や靴は自由になりクラブやボールは貸してもらうことができます。

 

車で15分ほどのところに栗東自然観察の森があり、ネイチャーセンターを中心に探索路が整備されていて、昆虫や野鳥・植物の生態をわかりやすく観察できる施設になります。イベントもたくさんしているので、事前にチェックしてから行った方が良いです。